どうして格安にできるのか?格安航空券の活用法について

- 格安航空券の事情について

格安航空券の事情について

海外では割りと昔から常識となっている格安航空会社を使う事が出来る格安航空券ですが、格安航空券が日本国内で出回り始めたのは割りと最近のことになってきていますね。
こういった、格安の航空券を利用する事が出来るようになった格安航空会社についての事情を紹介していきましょう。

格安航空会社の台頭

35rfrbhbhfnh
LCCという格安航空会社が日本国内でも台頭し始めてきているのは運営の効率化などによって大手航空会社よりも格安な運賃で航空券を購入する事が出来る様になっているという航空会社が海外から日本にも広がってきているからです。
元々、LCCというのは1990年代からアメリカやヨーロッパを中心に設立が相次ぎ、割高になっている航空会社をより安く利用する事が出来るという事で新たな客層を掴むことに成功したんです。
2000年代になると、こういったLCCはアジアにも広がり急増してきたんですね。
LCCの旅客シェアは北米では30%、西欧では38%にもなっており東南アジアでは素手の58%にも登るというような状況にあるんですね。
LCCが何故こんなにも台頭して来ているのか、という後押し状態になったのがやはり航空自由化でしょうね。
航空自由化、というのは国内線での新規参入に対する規制が撤廃、緩和された事であるだけではなく航空会社が路線、運賃などを自由に決定する事が出来るようになるなどの規制緩和もあって非常にそれが航空会社における今までの常識などを覆してアジアの自由化もまた広がって、お陰で飛行機 格安が実現できるLCCの設立がしやすくなったんですね。
LCCが急速に増えてきたことによって、航空会社を利用する人も増えて来たことによりどんどん経済が活性化してきているという状況にあります。

何故航空券を格安に出来るのか

LCCが格安でサービスを提供する事が出来る、という理由は何と言っても大手航空会社のようなサービスの形とは全然違うんですね。
大手航空会社とは違った独特のビジネスモデルを持つことによってサービスの簡素化をはかることでLCCの提供サービス価格を低下させるということに成功しているわけですね。
例えばですが、大手航空会社の機内サービスでは飲み物だったり軽食だったりする物がLCCでは有料扱いになっている事が多いんですね。
他にも、ヘッドホンや耳栓と言ったような器具が無料になっているような大手航空会社でよくあるようなサービスも備えられていないということも珍しくはないんですね。
更に、格安の航空券の販売もインターネットを用いた直接販売がなされているのが基本になっているんですね。
更に、他にも航空機の運用をする際にも工夫がされており、使用種の統一によって整備する際のコストの削減をしたり着陸をする際にかかる着陸料という費用を削減するために、着陸料が安い空港を利用したり、或いは少ない機材での短距離直行便を中心に運行する航路にすることによって、コスト削減と効率化をはかりやすい運賃での航空券の値段の設定をすることが出来ているんです。

安全性について

ただ、此処で気になるのは何と言っても安全の確保はとても重要になってくるでしょうね。
LCCは大手の航空会社とくらべて値段が安いなら安全性が低いのではないかと思う人もいるかもしれませんが、基本的には安全基準を満たした航空整備や設備などをしなければいけないんですね。
航空機の運用の効率化によって管理やスタッフ育成が手薄になるのではないかという声もありますね。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫

更新情報

Copyright © 2016 どうして格安にできるのか?格安航空券の活用法について All Rights Reserved.